岡地和道さん率いる株式会社岡地、評判の金地金取引

資産運用の対象は様々なものあります。株式や債権、通貨といったペーパー資産や、金が資産運用をする上での対象となります。これらをやりくりすることで、投資家は資産を増やします。 この中で金は、普遍の価値を持ちます。金は原子的に安定しているため、その品質自体は永遠に変化しません。純度や質量が同じであれば、金は世界中で同じ価値を持ちます。 金は実物資産です。 ペーパー資産は発行している会社が倒産すると、価値がなくなります。 ですが金はそういったことに関係なく価値を保ち続けます。 インフレや戦争、政情不安などの各国の要因でも価値は変わらず、 世界共通の価値を金は持ちます。有事の際にも強いのが金の特徴です。 もし価格は下がったとしても、ゼロにはなりません。 そのためペーパー資産への投資に比べると安心感があります。 金は、地金によって購入や売却が行われます。 この地金は貴金属商や銀行、証券会社などで扱っています。 金の延べ棒、ゴールドバーとも呼ばれます。 金は公設市場である東京商品取引所で価格が決められます。 一般に公表されており、いつでも公正な価格で金を換金することができるのが特徴です。 岡地和道さんが率いる株式会社岡地は評判の金地金取引を行っています。 普遍の価値を持ち、高い換金性を持つ金の取引ができます。 東京商品取引所で取引されている金の価格に基づいて、金地金の販売や買取りを行っています。 特徴として、一般の小売業者と比べて格安の手数料で取引ができます。これが評判となっています。 オンライン取引のオアシスでも、金をはじめ白金、銀、パラジウムなどの現受渡しにも対応しています。 一般の貴金属販売業者よりも格安で地金が購入できるので、岡地和道さんが率いる岡地はこちらでも評判となっています。 対象金地金は東京商品取引所の受渡し供用品である現物地金で、純度 99.99%のものです。 販売や買取り単位は1kgからとなっています。 金の値動きは他の資産との相関性が低いです。 そのため、株や債券の運用に加えることで運用成果の安定化も図れます。 また、金は生産にコストが掛かります。そのため金の価値が生産コストを大きく割れることは考えにくく、安心感があるのも特徴です。 普遍の価値を持ち、高い換金性と有事の際に強いのが金です。 各国中央銀行は支払い準備金として金を保有しています。 金の価値は世界中で通用します。金は安定資産なのです。 岡地和道さんが率いる岡地で金地金を取引することはメリットがあり、確実な資産運用ができます。